パブロ・ピカソのリトグラフ・エッチング作品をお持ちで売却をご検討のお客様の為にピカソ専門の買取サイトをご準備させて頂きました。高額査定ならばお任せください。

概要
日本の彫刻家、画家、小説家水玉のモチーフを使うことが特徴。ファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。
代表作
かぼちゃ

作品

この作家ページへ
草間彌生
close

1929 長野県に生まれる
1957 渡米し、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表
1968 自作映画「草間の自己消滅」はベルギー国際短編映画祭アンアーバー映画祭にて受賞
1973 帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表
1983 小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生時代新人賞を受賞
1993 第45回ベニスビエンナーレに参加
1994 野外彫刻を手がける
1998 世界の主要美術館において大回顧展開催
2000 第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰を受賞
2003 フランス芸術文化勲章オフィシェ受勲

概要
昭和を代表する日本画家の一人。1947年第3回日展で「残照」が特選を得たことが転機となり、以降、風景を題材に独自の表現を追求した。
代表作
山湖澄む
山雲湧く
湖澄む

この作家ページへ
東山魁夷
close

1908 横浜市に生まれる
1929 第10回帝展に「山国の秋」が初入選
1931 東京日本美術学校日本画科を卒業。この年から結城素明に師事し、魁夷と号する
1933 ヨーロッパ美術研究のため渡欧(35年帰国)
1934 第一回独文化交換学生としてベルリン大学入学
1939 第一回日本画院展で「冬日」が日本画院賞第一席となる
1969 文化勲章を受章し、文化功労者に選ばれる
1975 唐招提寺障壁画「山雲」「濤声」が完成
1976 ドイツ連邦共和国功労大十字勲章受賞
1990 長野市の城山公園内に東山魁夷館が開館
1999 5月6日逝去 勲一等瑞宝賞を受賞

概要
現代日本画壇の最高峰に位置する画家であり、作品には仏教、シルクロードをテーマとしたものが多い。1998年に文化勲章を受賞
代表作
薬師寺の塔
月光流砂行
桜蘭の月

この作家ページへ
平山郁夫
close

1930 広島県に生まれる
1947 東京美術学校日本画科に入学し、前田青邨に師事
1962 日本美術院賞(大観賞)受賞
1964 院展にて文部大臣賞受賞、同人推挙
1967 法隆寺金堂壁画再現模写に参加
1976 シルクロード展中近東5ヵ国巡回展
1978 第63回院展にて内閣総理大臣賞受賞
1989 東京藝術大学学長に就任
1993 文化功労者となる
1998 文化勲章受章
2001 東京藝術大学学長に再就任
2003 ユネスコ親善大使として北朝鮮訪問
2005 東京芸術大学学長を退官
2009 79歳で逝去

概要
昭和・平成時代に活躍した日本画家。従来の日本画の概念を揺るがすような力強い表現を確立。「富士山」シリーズでは特に高い評価を受ける。
代表作
めでたき紅富士 白寿記念
めでたき富士 大観山の富士
花咲く目出度き赤富士

この作家ページへ
片岡球子
close

1905 北海道札幌に生まれる
1948 第33回院展で「室内」が日本美術院賞受賞
1951 第36回院展で「行楽」が激励賞、白寿賞受賞
1952 第37回院展で「美術部にて」が日本美術院賞、大観賞を受賞する
1955 横浜市立大岡小学校を退職する。女子美術大学日本画家専任講師となる
1961 湯仰が1960年度文部大臣省買上げ優秀美術品となる
1966 愛知県立芸術大学日本画科の主任教授となる。「面構」シリーズの制作を始める
1976 勲三等瑞宝章受章
1982 日本芸術院会員となる
1986 文化功労者に叙せられる
1989 文化勲章受賞(女流作家としては三人目)
2008 急性心不全のため103歳で死去。叙従三位

概要
アメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手。ウロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。
代表作
ニュースピリット
マリリン
シャネル

この作家ページへ
アンディー・ウォーホル
close

1928 アメリカのピッツバークに生まれる
1949 ニューヨークへ移る。広告グラフィックの仕事など商業デザイナーとして出発
1952 ヒューゴー画廊で最初の個展
1962 スチーブル画廊で個展開催。シルクスクリーン・ペインティング作品が評判に
1964 アムステルダム美術館の「ポップアート展」に出品
1972 社交界からの注文肖像画の制作を始める。「毛沢東シリーズ」など
1974 日本で回顧展を行い、来日
1976 ヨーロッパ各地の美術館で個展巡回
1983 冬季オリンピック・サラエボ大会のポスター制作
1985 ニューヨークのトニー・ジャフラジィ画廊で「ウォーホール+バスキア展」開催
1987 逝去
1989 ニューヨーク近代美術館で大回顧展、その後世界中でも回顧展が開催される

概要
20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。1942年以降、版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた。 代表作
廓然無涯はまなす妃図
黄衣妃図
餘香佳韻図

この作家ページへ
棟方志功
close

1903 青森市に生まれる
1928 第9回帝展「雑園」(油絵)で入選
1930 国画会に主要作品を発表
1952 スイス、ルガーノ第2回国際版画展で優秀賞を受賞
1955 サンパウロ・ビエンナーレに「釈迦十大弟子」などを出品し、版画部門の最高賞を受賞
1956 ベニス・ビエンナーレに「柳緑花紅頌」などを出品し、国際版画大賞を受賞
1969 青森市名誉市民第1号となる
1970 文化勲章受章
1975 逝去

概要
東京都出身の画家・彫刻家。現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家。猫と女を得意な画題とし、西洋画壇の絶賛を浴びた。
代表作

猫と自画像
メザンジェール(四十雀)「文学者」

この作家ページへ
藤田嗣治
close

1886 東京に生まれる
1910 東京美術学校西洋画科を卒業
1913 渡仏。ピカソ、モディリアニ、キスリングらと交遊し、はげしい研鑽を重ねた
1931 ブラジル、アルゼンチン、ペルー、ボリビアを訪ね、メキシコを経由して渡米
1933 日本に帰国する。戦時中は従軍画家として活躍する
1949 ニューヨークのブルックリン美術館付属美術館の教授として招かれる
1950 パリに移る
1955 フランス国籍を取得する
1959 カトリックの洗礼を受ける
1966 フランスのノートル=ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂のフレスコ画を制作する
1968 逝去

概要
日本画の存在やその技法を世界に認知させ、 真の国際性をもった芸術領域にすべく、講演や著述等世界的視野で幅広い活動を行っている。
代表作
ウォーターフォール
湖畔幻想
ウォーターフォール2008

この作家ページへ

概要
小学校一年生の頃から油絵を習い始め、1971年にイタリアへ留学し、アフレスコ古典画の技法を研究する。1993年東京芸術大学教授に就任
代表作
明秀峰富士山
旭日富士青陶薔薇
日輪湖上富士

この作家ページへ

概要
スペインのマラガに生まれ、フランスで制作活動をした画家。ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムを創始した。
代表作
ラ・セレスティーヌ
156シリーズ
347シリーズ

この作家ページへ
パブロ・ピカソ
close

1881 スペイン南部マラガで生まれる
1900 パリに定住。ロートレックの影響を強く受ける
1901-1904 「青の時代」
1905-1906 「バラの時代」
1907 キュビズムの記念作「アヴィニヨンの娘たち」を制作
1918 オルガと結婚
1920 「新古典主義の時代」といわれる具象作品に変わり、以後多彩な仕事を手がける
1937 ゲルニカ作成
1953 この年より版画や素描を自己表現的なテーマに集中し製作。347シリーズ等の作品を生む
1961 ジャクリーヌと結婚
1973 4月8日、南フランスのムージンの別荘にて逝去。享年91歳

概要
ロシア出身のフランスの画家。妻・ベラ への愛や結婚をテーマとした作品を多く製作していることから別名「愛の画家」と呼ばれる。
代表作
ダフニスとクロエ木霊(エコー)
ダフニスとクロエ ドリュアース家での食事
3つの花束を持つ画家

この作家ページへ
マルク・シャガール
close

1887 ヴィテブスク(現・ベラルーシ)に生まれる。両親はユダヤ人
1907 ぺテルスブルグの美術学校で学ぶ
1910 パリのアカデミー・ジュリアンに通う。アポリネールらの前衛サークルと交わる
1914 ベルリンで初個展。初期作品は印象派風だったが、ピカソを知り立体派に感化される
1941 第二次大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命
1950 南仏に永住することを決意し、フランス国籍を取得
1960 エラスムス賞受賞。オペラ座の天井画を依頼され、1964年に完成
1985 死去

概要
独特のデフォルメを施され、柔らかな曲線と色調で描かれた女性像などが有名である。 後期には版画や彫刻も手掛けた。
代表作
横顔

思慕

この作家ページへ

概要
初期は荒々しいタッチで描いたものが多かったが、 その後穏やかなタッチで造形性に富んだ構成でパリの都市風景を描くようになる。
代表作
赤い靴屋
赤い家:「パリの散策」より
オレンジ色の日除け

この作家ページへ

概要
東京美術学校卒業後、渡仏し帰国後は新制作派協会の結成に加わる。 戦後は長きにわたり日本の洋画界に大きく貢献した。
代表作
若い女の坐像
娘たちA
舞子Ⅱ-1 1976年

この作家ページへ

概要
1939年に第三回文展特選受賞し翌年国画会第15会展で佐分賞を受賞。創作の多くを私の地球と語った三隅町の自宅で行った。
代表作
兜虫
青い太陽

この作家ページへ

概要
京の伝統文化に育まれた松園は生涯「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」を念願として女性を描き続けた。
代表作
序の舞
鼓の音
新蛍

この作家ページへ

概要
明治から昭和にかけて活躍した日本画家。日本の四季の山河と、そこで生きる人間や動物の姿を美しい墨線と彩色で描くことを得意とした。
代表作
猫の恋 画賛
疎林細流
霧降

この作家ページへ
川合玉堂
close

1873 愛知県に生まれる
1887 京都に出て望月玉泉の門に入る
1896 上京し、橋本雅邦に師事
1915 東京美術学校教授に就任 翌年、帝室技芸員となる
1920 帝国美術院会員となる
1931 レジョン・ドヌール勲章(仏)、グランオフイシェー・クーロンヌ勲章(伊)受章
1935 勲三等瑞宝章受章
1940 文化勲章受章
1957 東京で歿

概要
線描を大胆に抑えた没線描法の絵画を次々に発表。その先進的な画風が評価され1913年には日本美術院の再興に至った。
代表作
不二霊峰
霊峰富士
桜に不二

この作家ページへ

概要
ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロサンゼルス現代美術館に作品が所蔵されるなど、日本の現代美術の第二世代を代表するひとり。
代表作
In the Cloud(雲の中)
Beah!(べー!)

この作家ページへ

概要
女性として初めて日本美術院同人となり、1980年には上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受章した。
代表作
椿
椿花

この作家ページへ

概要
1945年に長野県に生まれる。1990年に横浜三溪園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成し日本美術院特待となる。
代表作
夢殿の枝垂桜
臥龍櫻
永泉寺の枝垂桜

この作家ページへ

概要
第二次世界大戦後の具象絵画の代表的な画家である。硬質で鋭く太い輪郭線、モノトーンに近い色彩を特色とする独自の様式を築く。
代表作
青い背景の道化師
フォルジュ・レゾ
アマリリス

この作家ページへ
ベルナール・ビュッフェ
close

1928 パリに生まれる
1944 パリ美術大学に入学しナルボンヌに師事する
1947 アンデパンダン展やサロン・ドートンヌに出品し注目され始める
1948 第一回クリティック賞を受賞
1951 最高傑作とされる三部作「キリストの受難」を制作
1953 日本国際美術展に出品
1958 アナベルと結婚する
1965 「ニューヨーク」シリーズ制作
1971 レジオン・ドヌール勲章のシュヴァリエの称号を受ける
1979 カラーリトグラフ「サントロペ」連作
1999 パーキンソン病を患い南フランスのボームの自宅で逝去

概要
1952年にはパリのルシー・クロッグ画廊にて初の個展を開催し 1959年にはサロン・ドートンヌ会員に推挙される。
代表作
浜辺のブーケ
ソフィー
さくらんぼのタルト

この作家ページへ

概要
17世紀後半に赤絵磁器の焼成に成功し、柿右衛門を名乗り、乳白色(濁手)の地肌に赤色系の上絵を焼き付ける柿右衛門様を確立。
代表作
濁手蘭文香炉
濁手椿文大皿
濁手三方割花文花瓶

この作家ページへ
酒井田柿右衛門
close

酒井田柿右衛門(初代:1596年11月15日(慶長元年9月25日)-1666年7月20日(寛文6年6月19日)は、江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名称。2006年12月現在、第十四代酒井田柿右衛門(1934年8月26日-、1982年に襲名)が当代である。なお、当代は重要無形文化財保持者(人間国宝、2001年7月12日認定。色絵磁器)、佐賀県陶芸協会会長、日本工芸会副理事長、および九州産業大学大学院芸術研究科専任教授 ※肩書きは2006年12月現在。
(参考出展:wikipedia)

概要
赤絵屋十六軒の一つで江戸期は鍋島藩の御用赤絵師。2002年には十四代今泉今右衛門がその名を襲名した。
代表作
色絵薄墨墨はじき果実文花瓶
色絵雪花墨色墨はじき四季草花文花瓶
色絵吹重ね草花文花瓶

この作家ページへ

概要
アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家。マイゼンタールのブルグン・シュヴェーラー社のガラス工場で技術を習得した。
代表作
チューリップ型花瓶
蜻蛉文スタンド
木の実文花瓶

この作家ページへ
エミール・ガレ
close

1846 フランスロレーヌ地方ナンシーで生まれる
1865~1867 ドイツのヴァイマルに留学
1877 父に代わり工場管理責任者となる
1878 パリ万国博覧会で銅・銀賞を受賞
1889 パリ万博で装飾工芸家として国際的な評価を得る
1898 マルケトリ技法、パチネ素材で特許取得
1900 パリ万博にてグランプリを獲得
1901 ナンシー派の会長に就任

概要
19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍した、兄オーギュストと弟アントナンにおるフランスのガラス工房。
代表作
冬景色文花瓶
夏景色文花瓶
冬景色文ランプ

この作家ページへ

概要
西洋白磁の創始として名高いドイツの名窯。柿右衛門様式などのシノワズリーを流行させバロック風やロココ調などの食器を創りだす。 代表作
モンキーバンド
うたた寝
矢を研ぐ天使

この作家ページへ
マイセン
close

ザクセン公国の錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは物理学者・数学者・哲学者エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウスらの協力を得て、1709年にフォークラント地方のアウエ鉱山のカオリンを原料とした白磁の製造に成功。西洋磁器の歴史の幕が開けた。翌1710年にドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりである。
(参考出展:wikipedia)

概要
旅情と優しい光あふれるその情景画は、"心に安らぎをもたらす"絵として、老若男女幅広い層で多くの支持を得ている。
代表作
白い時間
雨のポルトフィーノ
カフェベラノッテ

この作家ページへ

概要
千利休を祖とする千家の家督を継いだ千家流茶道の本家「表千家」の13代目家元。茶室不審菴の号の由来は「不審花開今日春」に由来。
代表作
無事
夏雲友寄峰
腰風炉先屏風

この作家ページへ

強化買取作家

取り扱い作家一覧|日本人作家

あ
い
う
え
お
か
き
く
け
こ
さ
し
す
せ
そ
た
ち
つ
て
と
な
に
ぬ
の
は
ひ
ふ
ほ
ま
み
む
も
や
ゆ
よ
ら
り
ろ
わ
アート買取協会では上記以外の作家作品も多数取り扱い中です。お気軽にお問い合わせください。

取り扱い作家一覧|外国人作家

あ
い
う
え
お
か
き
く
け
こ
さ
し
す
せ
そ
た
ち
つ
て
と
に
は
ひ
ふ
へ
ほ
ま
み
む
め
ゆ
ら
り
る
れ
ろ
わ
アート買取協会では上記以外の作家作品も多数取り扱い中です。お気軽にお問い合わせください。